ホーム > NEWS > 現実とのギャップ

現実とのギャップ

特定調停という方法も任意整理による方法と変わりなく、それらの債権を有する者に返金を継続していくことを選ぶ債務整理の手順のことです。

 

わかりやすくいうと裁判所が処理する債務の整理といえます。

 

特定調停も任意整理による処理とほぼ同じく、自己破産手続きと違い特定のお金だけをまとめていくことが可能なため、他に保証人が付いている契約以外だけを処理していく際や自動車ローンの分を除き手続きをしたい場合等でも用いることも可能になりますし全ての財産を放棄してしまう必要がありませんので、自動車や土地などの自分名義の財産を持っているけれど処分してしまいたくない状況であっても有用な債務整理の方法です。

 

ただし、今後返済する額と現実の所得を比較して妥当な範囲で完済が見通せるようならばこの手続きを取ることが可能ですが自己破産手続きと異なり借金自体がなくなってしまうわけではありませんので負債の金額がかなりある場合においては実際問題としてこの方法での手続きを進めることは難しいということになるでしょう。

 

それから、この手順は裁判所が中に入るので弁護士事務所などに依頼しなくても不利になることはないということとか諸費用を節約できるというメリットは魅力的ですが、督促に対して本人が回答することになることに加え、実際に裁判所に何度も行く手間を要する等のデメリットもあります。

 

また、任意整理による処理と比較してみるとこの方法により解決が得られないときには年利を全部含めた額で渡していく必要があることや結果的にお金の貸し手に対して返していく金額が任意整理による解決よりも割高になる傾向にあるなどといったデメリットもあります。

 


関連記事

  1. 現実とのギャップ

    特定調停という方法も任意整理による方法と変わりなく、それらの債権を有する者に返金...

  2. テスト

    テスト記事です。...